婦人科疾患

ホーム > 婦人科疾患 > 思春期外来

思春期外来

思春期はわが国では8歳頃から17,18歳に相当する期間と考えられており、

小児期から成熟期への移行期間です。身体的には、女性は男性より約2年程度早く始まります。

思春期外来

gallery_img03a

性機能の発現とともに、乳房発育・陰毛発生の第二次性徴が現れ、初経(初潮)を迎えるようになります。この時期はまだ脳から卵巣に与える刺激、感受性が完成される途中であり精神的・身体的にも不安定な時期です。

したがって月経(生理)の悩み・性器に関する悩み・妊娠に対する不安・避妊の方法性感染症(性病)に対する悩みなどを思春期に多く自覚するようになります。多くの悩みは思春期の不安定な時期を過ぎると問題なく経過することが大半ですが、中には病的な状態が隠れていることもあります。病院で話を聞き簡単な検査を受け、悩んでいる症状が正常範囲の一般的なものか、何か問題があるのかを知ることが不安を取り除くことになることと思われます。
 性行為が未経験の方の子宮や卵巣の形態的な異常を調べるには、経腹超音波が必要となりますので、尿がたまった状態で受診することをお勧めします。機能的な異常は採血や話を聞くことで異常の有無を診断できますので、悩まず気軽に受診されることをお勧めします。

  • 一般婦人科疾患
  • 子宮疾患
  • 更年期障害
  • 産科検診
  • 避妊について
  • ブライダルチェック
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 乳房マッサージ
  • 手術
  • 思春期外来
診療時間

来院については医院概要をご覧下さい。

【バスでお越しの場合】志免バス停で降車

【電車でお越しの場合】JR香椎線「須恵中央」下車

【お車でお越しの場合】九州自動車道「須恵IC」近く

※お車でお越しの方は、駐車場もございます。

  • 詳しいアクセスはこちら