婦人科疾患

ホーム > 婦人科疾患 > 子宮頸がん

子宮頸がん

日本人の子宮がんの中で、子宮頸がんは子宮の入り口周辺(子宮頚部)にできるがんです。

子宮体がんを含めた子宮がん全体の中で、今でも日本人に罹患率(病気になる頻度)が高いものですが、早期発見が可能ながんの一つです。

早期の検診をおすすめしております。

早期の検診

健康診断の発達により、がんになる以前に診断が可能となりました。

定期的な子宮がん検診(細胞診)を受けていれば異形成の状態(がんになる前の状態)での診断が可能です。

検診は簡単で時間もかからず痛みもありません。

子宮頸がんの症状は、生理(月経)時以外の出血(不正出血)が多く、性交時の出血が特徴です。

早期のがんは、症状がほとんどなく検診で前がん状態の段階で診断を受ければ簡単な治療または無治療で済みます。

異形成である前がん状態が発見されてもすべての方が、すぐに治療対象となるわけではありません。

異形成は自然治癒することもありますので、程度の軽いものなら適切かつ定期的な管理のもとで、病気の悪化がないかを観察するだけでよい場合が多いのです。

ヒトパピローマ・ウイルス(HPV)との関連

HPVとの関連

子宮頸がんや子宮頚部異形成の多くは、ヒトパピローマ・ウイルス(HPV)の感染によって起こることが知られております。

現在、発症はしていなくてもHPVの感染状態にあるかどうかの検査も簡便にできるようになりました。

そのため、より詳しい検診として、細胞診に加えてHPVが陽性か陰性かを考慮した検診も最近可能となってきました。

子宮頸がん検診は、安全で比較的簡単な検査で精度も高く、短時間で行えるために定期的に受けられることをおすすめします。

HPVの多くは、性交渉によって感染します。

そのため最近は、性交開始年齢が若くなっていることや性交渉のパートナーが複数存在することが増えているため、子宮頸がんが若い女性にも増加しています。(若年子宮頸がん)

HPVの自然治癒

HPV感染は自然治癒することもあり、適切な管理の下に検診を受けていれば心配することはありません。

したがって、一度子宮がん検診の異常が出たり精密検査を受けられた方は、自治体の健康診断としての子宮がん検診を受けるよりも、病院での定期的な子宮がん検診が望ましいと思われます。

※当院は子宮頸がん精密医療機関に登録されているため、細胞診・HPVのウイルス検査・精密検査や定期検診に必要なコルポスコピー検査・精密検査の組織診断を行っております。

  • 一般婦人科疾患
  • 子宮疾患
  • 更年期障害
  • 産科検診
  • 避妊について
  • ブライダルチェック
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 乳房マッサージ
  • 手術
  • 思春期外来
診療時間

来院については医院概要をご覧下さい。

【バスでお越しの場合】志免バス停で降車

【電車でお越しの場合】JR香椎線「須恵中央」下車

【お車でお越しの場合】九州自動車道「須恵IC」近く

※お車でお越しの方は、駐車場もございます。

  • 詳しいアクセスはこちら